忍者ブログ

ビーキョウのIT

このブログは99%ののほほんと1%のお菓子でできています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Toad for Oracle

こんちゃ(´・ω・)ノ

今回紹介するソフトウェアは、
Toad for Oracle Freeware」です。

Toadはカエルです。
今は日本語トライアル版も手に入るのですが、
元々はフリーウェアで始まり、広まったデータベース開発支援ツールです。

Toad for Oracle以外にも、
・Toad for DB2
・Toad for MySQL
・Toad for SQL Server
なんかもあったりします。

日本語版は基本的に有償で、トライアル版は1ヶ月間しか使用できなかったような気がします。
ということで、フリーの英語版を使いたいと思います。
※【追記】あとで見返したらフリー版も90日くらい使用期限あったかも・・・

情報業界は英語が大切なのです。
でも自分は英語全然わからないのです。
中学校自体は赤点ギリギリです。
高校では英語なんてものは知らない。

 



◆インストール手順
1.ダウンロード
 以下のURLからダウンロード

  英語版(Free)
  ファイル:ToadforOracle105SetupFreeware.msi

  日本語トライアル版(1ヶ月間)

2.インストール
 規約表示、インストール先などの基本的なインストール。

3.初回起動時
 なんか色々聞かれたけど、基本的にデフォルトで[Next]でいける。

4.メニューからSession > New Connection
HC001.png






5.OracleDataBaseに接続
 User(schema)、Password、TNS、Connect asを指定して[Connect]を押下する。
 Connect UsingのOracleのtnsnames.oraのTNS Nameから接続。
HC002.png







6.SQLの実行
 メニューからDatabase > Editor
 EditorはSQLを実行することができる。
 また、CrrentSchemaでユーザ(スキーマ)を指定できる。
HC004.png






7.ユーザ(スキーマ)のテーブルなどを参照
 メニューからDatabase > Schema Browser
 データベースのテーブルが参照できる。
 左上のコンボボックス部分で、ユーザ(スキーマ)も切り替えられる。
 dataタブでデータの変更などができ、上のメニューにコミットとロールバックができる。
HC004.pngHC005.png

 



HC006.png









◆まとめ
データベース開発支援ツールではSI Object Browserが有名ですが、有償です。
トライアル版は期限付きです。
とても使い勝手はよかったのです。
が、フリーでいいのないかなぁと探したところ、
このカエルを見つけたわけです。

無料でかなり高機能だと思いますので、
是非使ってみてください。
慣れると、操作もあまり難しくないです。

※【追記】あとで見返したらフリー版も90日くらい使用期限あったかも・・・

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[11/13 NEX-C3]
[01/24 R]
[07/30 ビーキョウ]
[07/25 unknown]
[06/24 ブログランキング]

最新トラックバック

バーコード

広告

カウンター

ブログ内検索

プロフィール


HN:ビーキョウ
職業:SI屋(PG、SE)
<自己紹介>
ちゃお(´・ω・)ノ
ビーキョウです。
どんどんスキルアップして、 その中で学んだことを忘れないようにメモ代わり的な 感じで記事を書いていこうという考えです。

なので、適当な部分が多々あるとは思いますが、 なにとぞよろしくお願いします
(´ ▽`)

バナーエリア

Copyright ©  -- ビーキョウのIT --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ