忍者ブログ

ビーキョウのIT

このブログは99%ののほほんと1%のお菓子でできています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Oracleの起動コマンド


こんちゃ(´・ω・)ノ

今回はOracleの起動コマンドを記載します。
まぁ基本といえば基本ですね。

基本的にコマンドプロンプトやターミナルからの実行です。

 



◆LISTENER
 # lsnrctl
 
・リスナーの起動
LSNRCTL> start

・リスナーの停止
LSNRCTL> stop

・リスナーの状態確認
LSNRCTL> service
LSNRCTL> status
 



◆Enterprise Manage(EM)

・EMの起動
emctl start dbconsole

・EMの停止
emctl stop

・EMの状態確認
emctl status
 


◆Oracle Database

・SQLPlusにログイン
# sqlplus /nolog
・SYSDBA管理者にログイン 
SQL> CONN / AS SYSDBA

【起動】

・データベースのマウント
 SQL> STARTUP MOUNT

・データベースのオープン
 SQL>STARTUP OPEN 
 SQL>STARTUP

※ NOMOUNT>MOUNT>OPENの三段階がある。

【停止】

・セッションが全て切断されてから停止
SQL> SHUTDOWN

・実行中トランザクションの終了後、セッションを切断して停止
 SQL> SHUTDOWN TRANSACTIONAL

・実行中トランザクションをロールバック後、セッションを切断して停止
 SQL> SHUTDOWN IMMEDIATE

・強制的に停止(次回起動時にリカバリが必要になる)
SQL> SHUTDOWN ABORT


◆まとめ
とまぁ基本となるOracleサービスの起動停止を記載しました。
アプリ側の方でも、この辺は使う機会があるので覚えておいて損はないはず。
また、WinwosにDBが入ってる場合は、コマンドプロンプトだけでなく
Windowsサービスからも起動停止できます。
検証や開発ではこちらのほうが簡単でしょう。
 

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[11/13 NEX-C3]
[01/24 R]
[07/30 ビーキョウ]
[07/25 unknown]
[06/24 ブログランキング]

最新トラックバック

バーコード

広告

カウンター

ブログ内検索

プロフィール


HN:ビーキョウ
職業:SI屋(PG、SE)
<自己紹介>
ちゃお(´・ω・)ノ
ビーキョウです。
どんどんスキルアップして、 その中で学んだことを忘れないようにメモ代わり的な 感じで記事を書いていこうという考えです。

なので、適当な部分が多々あるとは思いますが、 なにとぞよろしくお願いします
(´ ▽`)

バナーエリア

Copyright ©  -- ビーキョウのIT --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ