忍者ブログ

ビーキョウのIT

このブログは99%ののほほんと1%のお菓子でできています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


SAStruts アーキテクチャ・仕組み

こんちゃ(´・ω・)ノ

お疲れ様です。
今回はSAStrutsのアーキテクチャ?仕組み?動作?
的な部分を簡単にかいていこうかと思います。
ただ結構やっつけなので、間違ってるところがあるかも。




※クリックして拡大してね!


(1) Filter
クライアントからリクエストが届き、SAStrutsの各フィルターが動作する。
フィルターの設定はweb.xmlで行っている。
フィルター説明
EncodingFilterリクエストのパラメータをエンコードするためのフィルタ。
S2ContainerFilterHttpServletRequestやHttpServletResponseなどをS2Containerに登録されたコンポーネントから利用できるようにするフィルタ。
HotdeployFilterSeasar2がJavaのクラスの変更をHOTに認識できるようにするためのフィルタ。
RoutingFilterSAStrutsの簡易なURL(Strutsの.doなどの拡張子を見せない)を実現するためのフィルタ。


(2) ActionServlet
StrtusのActionServlet。
ActionServletはStrutsで唯一のServlet。
ここからstruts-config.xmlを参照して、指定のRequestProcessorを呼び出す。
SAStrutsはRequestProcessorを継承したS2RequestProcessorを呼び出すようにしている。

(3) S2RequestProcessor、ActionWrapper
S2RequestProcessorは、StrtusのRequestProcessorを継承している。
ここからSAStrutsのActionWrapperを呼び出す。
S2RequestProcessorとActionWrapperでそれぞれでどのような処理が行われているかはまだ不明。

(4) ActionFormの設定
ActionFormにHttpRequestの情報を設定する。

(5) Validationチェック
値が設定されたActionFormに対して、チェック(Validation)を行う。
チェック(Validation)する処理プログラムはvalidator-rules.xmlから取得して呼び出す。

(6) Actionの実行
各作成されたActionのメソッドが呼び出される。
値が既に設定されているActionFormがActionのFormに設定されている。

(7) JSP遷移
処理結果をRequestProcessorに設定し、遷移すべきJSPへ遷移する。

拍手[2回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[11/13 NEX-C3]
[01/24 R]
[07/30 ビーキョウ]
[07/25 unknown]
[06/24 ブログランキング]

最新トラックバック

バーコード

広告

カウンター

ブログ内検索

プロフィール


HN:ビーキョウ
職業:SI屋(PG、SE)
<自己紹介>
ちゃお(´・ω・)ノ
ビーキョウです。
どんどんスキルアップして、 その中で学んだことを忘れないようにメモ代わり的な 感じで記事を書いていこうという考えです。

なので、適当な部分が多々あるとは思いますが、 なにとぞよろしくお願いします
(´ ▽`)

バナーエリア

Copyright ©  -- ビーキョウのIT --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ